Ein Deutsches Requiem

 ヨハネスブラームスフィルハーモニカー「ドイツレクイエム 」が無事終演しました。ご来場いただきましたお客様、本当にどうもありがとうございました!

ドン・ジョバンニからドイツレクイエム まで、人間という存在を音楽で表現する幸せな時間を過ごさせていただきました。

 今回バリトン歌手の加耒徹さんとの初めて夢の共演でした!

佇まいも演技も歌声も「王子」という言葉がぴったりなお方で、ご一緒できて幸せでした。

指揮の福田光太郎さんが渾身の力で創り上げるドイツレクイエム のオーケストラと合唱のみなさんの演奏も素晴らしく、本番は鳥肌がたちました。

また本番ではオーケストラと合唱の皆さんの音楽への熱意と心の優しさに胸がいっぱいになりました。

また、今回のコンサートでは大村博美先生にご指導していただきました。先生の熱心なご指導のおかげで無事ソリストを務めさせていただくことができました。この場を借りて心よりお礼申し上げます。


これからも表現の深みを目指してがんばります。どうぞよろしくお願いいたします。

IMG_8107.JPG

© COPYRIGHT AYANO DURNIOK